泪橋空手団Q&A

Qどんな雰囲気ですか?

Aいわゆる「体育会系」的な要素は極力排除に努め、現代的な会員目線での運営を心がけています。

だからといって、みんな楽しく和気あいあいハイタッチウェーイ・・・みたいな感じでもありません。黙々と、ストイックに、自己と向き合い武道の修練に打ち込むことができます。

Q怖くないですか?危なくないですか?

A怖くなくて全く危なくない武道はたぶんないと思います。私もいまだに組手は相手が誰だろうと怖いです。練習中の事故による怪我の可能性は武道に限らずどのスポーツにもありますが、それを言い訳にせず安全配慮は十二分に行ないます。そのためどんな時でも相手を尊重するように「礼に始まり礼に終わる」を大事にするようにしています。

Q空手どころか武道も運動とかまったくしたことないんですが大丈夫?

A運動経験、スポーツ経験が全くない方でも練習を続ければ必ずできるようになります。そのためのお手伝いを全力でさせていただきます。

Q高齢なんですが大丈夫?

A空手道自体は何歳からでもできます。練習もご自身のペースで参加していただいて問題有りません。例えば基本を連続10本やる場合、2本に1本にするなどご自身の体力レベルで数等を調整したり、難しそうな練習の時は休むなどしていただいもまったく問題は有りません。現在(2021年11月時点)で3歳から50代まで在籍しています。
シニア教室もございますのでご検討ください。

Q道着や用具類はだいたいいくらくらいしますか?

A道着は、はじめはだいたい6,000円〜10,000円程度のものをおすすめしています。用具でとりあえず必要な拳サポーターですが入会時に進呈いたします。入会後、足サポーター他組手用具などもそろえてください。小学生はメンホー(顔面安全具)必須ですがコロナ対策として大人にもできるだけお願いしております。泪橋空手団では、特定メーカーさんの道着・用具を割り引き購入できます。
→空手で使う用具類についてくわしく

Q更衣室はありますか?

Aありますが、会場によって規模等に違いがあります。メインのたなかスポーツぷらざには男女別に加え多目的更衣室もあります。
各会場についてくわしく

Q練習中水分補給は禁止ですか?

A今時そのような空手道場・団体はないと思いますが、泪橋空手団では、夏場は15分から20分に1回は水分補給の時間をとるようにしています。それ以外のインターバルのタイミングでも随時自分の判断で水分補給をすることを認めています。ただし二人組で練習している時に突然相手に無断で中断して水分補給、ということは認めていません。

また、できるかぎりスポーツドリンクを推奨しています。
→水分補給の方法について

Qクーラーやエアコンは禁止ですか?

Aクーラーはもちろんエアコンはつけます。ただし会場によってはほとんど効かない、もしくはエアコンがない会場を利用する場合もあります。

Q拳立て何十回みたいな筋トレ的なこともやっぱりやるんですよね?

A一切やりません。代表者はトレーニングの専門家でもありますのでご希望が有れば、強化トレーニングの方法のアドバイス等もさせていただきます。

Q股割りみたいな強制的な柔軟体操はやるんですか?

Aそのような方法でのストレッチは一切行ないません。ウオーミングアップでは立った状態での動的なストレッチを行います。時間があれば練習の最後に静的なストレッチを行なう時もたまにあります。股割りはできなくても上段蹴りはできますよ!

Qダイエットの効果なんてありますか?

A空手が直接ダイエットに効果があるとは個人差もあるので明言はできませんが、空手の形は全身を筋肉を使うので基礎代謝の向上にはつながります。代表者はトレーニング指導の専門家でもあるので食事方法などもふくめてアドバイスはさせていただきます。

Q会費の支払い方法は?

A銀行振込、PayPay、クレジットカード自動引き落とし、シニア道場のみ現金(1回毎の場合)交通系ICカードもご利用できます。くわしくはこちらをご覧下さい。

Q流派ってあるんですか?

A和道流です。希望があれば他の流派の形にも対応しています(→和道流以外の形について)。
→空手以外の格闘技経験者の方へ

Q子供のしつけとか健全育成とかやっていますか?

Aルールを守って優しさと思いやりさえ忘れなければそれでけっこうだと考えています。「うちの子が言うこと聞かなければなぐってください」と言ってくる保護者さんもたまにいらっしゃいますが断固お断りしております。

もう大丈夫!Q強くなれますか?

なれます。本気でやれば。