泪橋空手倶楽部Q&A

Q&A - 空手をやる前の疑問と不安を解消しよう!

Qどんな雰囲気ですか?

Aいわゆる「体育会系」的な要素は極力排除に努め、現代的な会員目線での運営を心がけています。指導はトレーニングの専門資格保有者が行っています。

Q運動とかまったくしたことないんですが大丈夫?

A運動経験、スポーツ経験が全くない方でも練習を続ければ必ずできるようになります。そのためのお手伝いを全力でさせていただきます。

Q高齢なんですが大丈夫?

A空手道自体は何歳からでもできます。練習もご自身のペースで参加していただいて問題有りません。例えば基本を連続10本やる場合、2本に1本にするなどご自身の体力レベルで数等を調整したり、難しそうな練習の時は休むなどしていただいもまったく問題は有りません。こちらからもアドバイスさせていただきます。

Q道着は必要ですか?

A空手の練習は基本的に道着で行いますが、経済的な事情、あるいは洗濯の都合などもあるので必ず道着でなければならないということはありません。普段道着で練習している人も、時にはTシャツ短パンでやってみることで「普段いかに道着に頼っているか、道着でごまかしているか」などを実感する事もできます。

あるいは護身武道だから、普段着で練習したい、と言う人もいると思います。

ただし道着でも普段着でも、安全対策としてプラスチック・金属類など堅いもの、腕輪、首輪、指輪、ベルト、靴、靴下ははずしていただきます。その他安全上問題があると判断した服装はお断りいたします。

Q道着や用具類はだいたいいくらくらいしますか?

A道着は、はじめはだいたい8000円程度のものをおすすめしています。用具でとりあえず必要な物は拳サポーターで定価3880円です。できれば足サポーターなどもそろえてください。泪橋空手倶楽部では、特定メーカーさんの道着・用具を割り引き購入できます。
→空手で使う用具類についてくわしく

Q練習中水分補給は禁止ですか?

A今時そのような空手道場・団体はないと思いますが、泪橋空手倶楽部では、夏場は15分から20分に1回は水分補給の時間をとるようにしています。それ以外のインターバルのタイミングでも随時自分の判断で水分補給をすることを認めています。ただし二人組で練習している時に突然相手に無断で中断して水分補給、ということは認めていません。

また、できるかぎりスポーツドリンクを推奨しています。
→水分補給の方法について

Qクーラーやエアコンは禁止ですか?

Aクーラーはもちろんエアコンはつけます。ただし会場によってはほとんど効かない、もしくはエアコンがない会場を利用する場合もあります。たなかスポーツプラザはエアコン完備です。
→練習場所についてはこちら

Q拳立て何十回みたいな筋トレ的なこともやっぱりやるんですよね?

A一切やりません。拳立てに限らず腕立て伏せ、腹筋、屈伸(スクワット?)などどんな筋トレやランニングも、「筋力アップ」「筋肉を太くする」「パワー・スピードアップ」「持久力アップ」など強化目的によって適切な負荷・回数・セット数・インターバル時間などは決まっています。正確なフォームの習得もせずまして体力レベルも体格も異なるメンバー全員で一斉に「腕立て伏せ何十回!」等行ってもなんの効果も得られないばかりか怪我のもとにもなりかねません。

もちろんご希望が有れば、強化トレーニングの方法もアドバイスさせていただきます。

Q股割りみたいな強制的な柔軟体操はやるんですか?

A一切やりません。練習の最初に動的なウオーミングアップ、時間があれば練習の最後に静的なストレッチを行いますがいずれも自動的(自分の力で動く)メニューですので、無理矢理ギューっと押すような柔軟体操はしません。股割りができなくても上段回し蹴りは十分できるようになれます!

柔らかすぎると筋力が低下し逆に危険な場合もあります。

Q会費の支払い方法は?

A指定口座への振り込みです。

Q流派ってあるんですか?

A和道流です。希望があれば他の流派の形にも対応しています。IOC公認競技である全日本空手道連盟の空手、いわゆる伝統派です。
→和道流以外の形について

もう大丈夫!Q子供のしつけとか健全育成とかやっていますか?

Aルールを守って優しさと思いやりさえ忘れなければ、不健全でもけっこうだと思います。